有限会社 桑原製作所

加工シミュレーションソフト、流動解析ソフトで確認検討し、永年の経験や蓄積したノウハウから創意工夫で実践する金型づくり。3D CADで重要部分をソリッド化します。

 

超精密金型製造技術

複雑な3次元形状やインサート金型、2色金型を得意とし、デザイン性と機能性を併せ持つ製品の製作が可能です。

金型事例

異材質一体成形金型

全面防塵マスク・金型可動側(コア)→CAD図→成形から組付作業(完成品)

透明のアイピース成形品(一次成形品)を防塵マスク成形金型にインサートし、異材質一体成形品(二次成形品)にする金型技術です。気密性の高い製品が製造できます。

高精度円弧スライド成形品金型

高精度円弧スライド成形品金型

バナナ形状の部品は金型製造技術の中でも超難度の高い技術力が必要となります。アンギュラピンでギア付スライドを可動させ、その動きを歯車に伝え、さらにカムに連動させて円弧形状を動かします。

2段スライド 複雑なスライド成形金型

2段スライド 複雑なスライド成形金型

腕時計の第一駒と呼ばれる12時側と6時側のバンド部分のセット取り金型です。複雑な2段抜きスライド機構が必要となります。

円弧スライド 補聴器や医療器の円弧スライド金型

円弧スライド 補聴器や医療器の円弧スライド金型

補聴器の耳に入れる部分の製品で、先端が軟質と硬質材料で一体化される円弧スライド成形金型です。

2色成形技術 2色成形品(マスク部品)

2色成形技術 2色成形品(マスク部品)

外観機能とパッキン部、接顔部を一体成型するエラストマ材は、人工ゴムと類似の物性です。
エラストマ材料(軟質)と硬質材料の組み合わせで新たな需要を目指しています。